店舗名:イタリア料理 オルモ

丹波の土壌を活かしたイタリア料理店

一軒のお店がきっかけとなり街が変わっていった丹波の城下町柏原。成功の裏側には今のオルモを経営するシェフの成田さんとソムリエの矢野さんとの出会いがありました。 土田:今回、イタリア料理店『オルモ』のシェフを務める成田さん、スタッフの矢野さんにお話を伺います。本日は宜しく

店舗名:たんば黎明館

柏原のまちに根付いたフレンチレストランを目指して

le-clos-stake

堅苦しいイメージを払拭し、カジュアルな雰囲気で料理を楽しんで欲しい。そのような想いのもと、和の食材を取り入れ、「お箸で食べるフレンチ」をコンセプトに店舗を展開しているのが『ル・クロ』です。丹波市柏原が誇る明治洋風建築『たんば黎明館』に第5号店をオープン。今回、『ル・クロ

店舗名:たんば黎明館

明治洋風建築のフレンチレストラン

reimeikan

歴史の街・柏原を象徴する『たんば黎明館』。明治18年、国家を担う人材育成の志から、氷上第一高等小学校として設立されたのが始まりです。明治42年には、氷上郡立高等女学校(のちに県立に)の校舎となり、たくさんの才媛を育てました。 明治初期に建築された、木造2階建の洋風建築

店舗名:イタリア料理 オルモ

1軒の店が街を変えた

olmo-1-1

柏原をめぐる、まちづくりの歴史。その大きなターニングポイントとなったのが、イタリア料理『オルモ』です。 1990年代後半。ロードサイド型の店舗が拡大していくなか、柏原町内にある店舗が郊外へと出店。さらに大型店もオープンし、中心市街地の通行量や店舗利用客は激減。このまま